私のスマホ節約術とそれを実践、体験した結果

スマートフォンは、維持費が高いというイメージがありますが、私のスマホ節約術では、毎月千円以内で抑えています。勿論、利用しているのは格安SIMです。

格安SIMと一般的な携帯電話会社から提供されるSIMの違いというのは、私が思うところ、ほとんどないと言っていいです。データ通信に関しては、私の体験では差がありません。というのは、私が使っているSIMもそうですが、最近の格安SIMは、高速回線を利用出来るからです。なので、外出先で動画共有サイトにアクセスして動画を見ることも可能です。

 

ただ、問題は通話料金で、これはキャリアのスマホと格安SIMでは差があります。
音声通話が可能な格安SIMは、データ通信料金を安くする代わりに、通話料が高いからです。そのため、私のスマホ節約術では、音声通話がついてくるプランは避けて、データ通信専用SIMにして、アプリで対応しています。IP電話アプリでの通話であれば安いからです。音声が聞き取りづらい場合があることと、アプリを常時起動していないといけないので、バッテリーが減りやすいですが、私の体験では一日ならバッテリーは充分持ちます。

 

私のスマホ節約術には、アプリで出来ることはすべてアプリでやってしまうというものがあり、SMSも、格安SIMを提供している会社の有料オプションではなく、アプリで無料で利用しています。
番号はアメリカのものになりますが、私の体験では、SMSはネットサービスの時の本人確認でしか用いないので、特に問題ありません。