体験してください、私のスマホ節約術

スマートフォンというのは、これまで使用していたガラケーよりも高く、毎月の支払も大変だといって、なかなかスマホへ切り替えることができなかったものでした。しかし、ガラケーも2017年を皮きりに製造が中止されてしまいます。そこで、思い切ってスマホにしたわけなのです。

しかし、スマホへ切り替えても大変なのが、毎月の支払です。そこで、買う前から私のスマホ節約術が始まりました。


情報をより多く得ること、そして自分が使用している携帯会社で一度見積もりをしてもらうということ、さらにそれを元手に、他社へも見積もりをしてもらうという体験をしていきました。


私のスマホ節約術は、最初が肝心です。他社へ乗り換えた方が、断然に安いので、そこで他社に相談したところ、朝の1時から夜の9時まで同じ携帯会社同士なら0円というプランを組むという事から始まりました。さらに、乗り換えた際の機種代0円、携帯電話の下取り24カ月分といった事をして、ガラケーと同じくらいの金額になったのです。


契約した後も、私のスマホ節約術は続きます。
今度はポイントが付くので、スマートフォンからポイントを稼げる所のサイトへ行き、ポイントを稼ぎます。コンビニなどでも付くポイントカードからですから、これが溜まったら毎月の支払にあてることができます。今回、使いすぎたので、ポイントを支払へ回してみました。すると、少し安くなったのです。


私のスマホ節約術の体験をしてみてください。
体験してみれば、毎月の支払が楽になります。

格安スマホを利用する方法もあります。そのためには、格安SIMを比較してベストなものを選ぶという方法もあります。

安くするコツは、携帯会社から提案もしてくれますので、まずは聞くことをしてください。

 

 

実践している私のスマホ節約術

スマホはとても便利で、ただの携帯電話としての機能を超えています。なのでスマホの機能を十分使いこなすことで、いろいろな事が可能となります。

私のスマホ節約術の中で、一番多く使っているのが、アプリなどによるクーポンです。
多くのお店が、専用のアプリなどを出していて、それらのアプリを使う事で、お店の割引などを受けることができます。

私がよく使うのは、マクドナルドのクーポンです。
毎日使うことができるクーポンが、専用のアプリを通して使えます。普通に買うよりも、だいぶお得になるので、利用しないと損をしてしまいます。画面を見せるだけでいいので、使い方も簡単です。一度体験してしまうと、クーポン無しで買うのがもったいなく感じてしまいます。

マクドナルド以外でも、様々なアプリやクーポンがあり、日々の生活に役立てることができます。

私のスマホ節約術としてもう一つ大きなものが、ラインやスカイプなどのアプリです。
スマホ同士でラインやスカイプなどを使うと、無料で通話をすることができます。最近では、家族同士は無料で通話できたりもしますが、友達と長電話などすると通話料金が気になってしまいます。

そんなときは、ラインやスカイプなどの無料通話することができるアプリを使う事で、通話料金も気にせずに会話を楽しむ事ができます。音声も、普通の電話とあまり変わらないことを体験することができます。

 

私のスマホ節約術は、すでに実践している人も多いと思いますが、まだ使ったことがない人は一度体験してみてください。

 

体験談を元にした私のスマホ節約術

私のスマホ節約術は、家計簿アプリを使用して、お金の管理をする方法にあります。

お金がたまらずに悩んでいるときに、何とかして、少しでも節約をしようと考えていたのですが、色々な人の体験談などを目にしていると、家計簿アプリを使用するのがよいということだったので、それなら私も始めてみようと思ったのが、私のスマホ節約術のスタートだったのです。

実際に家計簿アプリを体験し始めた頃は、これで節約をすることができるのだろうか、と考えていました。そのため、最初の内は、効果について半信半疑だったのですが、何日が使い続けていくと、無駄な出費が目に見えてはっきりとわかるのが、便利だと思ったのです。

今まで、家計簿などつけたことがありませんでしたから、財布の中身と銀行口座の残高でしか、月の出費を判断できませんでしたが、アプリを使うことで細かな出費がわかるようになり、いかに無駄が多いのかということがわかるようになったのです。


小さな無駄であっても、一ヶ月に換算すると大きな出費となりますから、今までどれだけ余計なお金を使っていたのかということを、アプリを使うことによって知ることができ、そのような無駄を減らすことによって、大分節約をすることができるようになったのです。

普通に家計簿をつけても良いのでしょうが、スマホのように、常に手元にあるものだと管理も楽で、今では、欠かすことのできない私のスマホ節約術となっています。


実際に体験をしてみると、どれだけ節約ができるのか、ということがはっきりと実感できますよ。

私のスマホ節約術に関する体験談

私のスマホ節約術は、アプリを使って節約をすることです。この方法自体は、他の人の体験談によって知った方法で、私も試しに使ってみようと思ったのがきっかけでした。

いざアプリを使った私のスマホ節約術を試してみると、意外に、普段どれだけ無駄遣いをしているのかということを、身を持って体験することができたのです。

使ったアプリというのが家計簿のアプリだったのですが、それを毎日使っていると、一日の支出が一目でわかり、またそれまでの月の収支なども一目でわかり、どのようなところでどんな出費があるか、わかるので、後で見返してどのような無駄遣いをしているのかわかるようになりました。

その時その時では、大した出費になっていなくても、トータルで考えると、結構な出費になっているということがわかったので、そのような無駄を減らすようにすることを心がけるようにしたのです。

すると、その結果として、月に換算するとかなりの金額を節約することができるようになり、貯金の金額も増やすことができました。

スマホは、常に携帯をするものですから、いつでも節約の意識を持つことができて、少しでも無駄な出費を減らすことができるのが良いですね。

 

これが私のスマホ節約術なのですが、この体験談を元にして、節約ができないと悩んでいる人が少しでも参考になって、お金を節約することができたら良いなと感じています。

節約って、実際に気をつけてみると、それほど難しいものではなく、結構簡単だったりするんですよね。

 

私のスマホ節約術とそれを行った体験について

スマートフォンは凄く便利なアイテムですが、基本使用料金に加えて、オプションが余計に付いたり、通信費用が掛かったりして、月々五千円以上もかかる物が多いです。実際、私も携帯電話ショップの店員さんに勧められるがままに契約をした事があったのですが、その時には毎月のスマートフォン代金の支払い金額が高くて困った体験もありました。

そこで活躍したのが、私のスマホ節約術です。それを実際にやると、スマートフォン代金を大幅に安くする体験が出来ました。


まず、私のスマホ節約術として最初に行ったのが、そのオプションの解約です。新しく契約をする時に、私の場合は留守番電話サービスが月々100円程度かかり、それに修理オプションなどが300円程取られていました。留守番電話機能などは、そこまで保存する件数も多くありませんでしたし、大切に使っているので、故障をするリスクもほとんどありませんでした。

そこで、スマートフォンで、契約をしている会社のサイトへアクセスして、それらのオプションを全部外したのです。それを行うだけで月々400円も安くなり、年間で4,800円もの節約になります。

また、もうひとつ行ったのが、データ通信量を減らすことです。
今までは、スマートフォンで動画サイトなどを見ていましたが、そうするとパケット料金を凄く使ってしまいます。ですので、動画などを見るのは、自宅のパソコンで見るようにしました。そうするだけでも、通信料金がかなり安くなりました。


以上が私のスマホ節約術で、それのおかげで、毎月のスマートフォン代金が安くなったという体験があります。

 

私のスマホ節約術とそれを実践、体験した結果

スマートフォンは、維持費が高いというイメージがありますが、私のスマホ節約術では、毎月千円以内で抑えています。勿論、利用しているのは格安SIMです。

格安SIMと一般的な携帯電話会社から提供されるSIMの違いというのは、私が思うところ、ほとんどないと言っていいです。データ通信に関しては、私の体験では差がありません。というのは、私が使っているSIMもそうですが、最近の格安SIMは、高速回線を利用出来るからです。なので、外出先で動画共有サイトにアクセスして動画を見ることも可能です。

 

ただ、問題は通話料金で、これはキャリアのスマホと格安SIMでは差があります。
音声通話が可能な格安SIMは、データ通信料金を安くする代わりに、通話料が高いからです。そのため、私のスマホ節約術では、音声通話がついてくるプランは避けて、データ通信専用SIMにして、アプリで対応しています。IP電話アプリでの通話であれば安いからです。音声が聞き取りづらい場合があることと、アプリを常時起動していないといけないので、バッテリーが減りやすいですが、私の体験では一日ならバッテリーは充分持ちます。

 

私のスマホ節約術には、アプリで出来ることはすべてアプリでやってしまうというものがあり、SMSも、格安SIMを提供している会社の有料オプションではなく、アプリで無料で利用しています。
番号はアメリカのものになりますが、私の体験では、SMSはネットサービスの時の本人確認でしか用いないので、特に問題ありません。